中京区の二条珠算教室・上京区の出水珠算教室

さくら珠算教室は京都市の中京区の二条教室でスタートし、平成28年の春で7年を迎えました。平成27年には、上京区の出水教室も開校。現在は2教室体制で運営しています。おかげさまで、現在は100名を越える生徒さんにお越しいただいています。

 

そろばん教室の授業風景の写真教室内そろばん大会の写真

そろばん教室の授業風景写真

さくら珠算教室は、お子様のそろばんの能力の向上、計算・暗算力の向上を目的としています。でも、一番大切なのは集中力や忍耐力、そしてやればできるんだという自己肯定感など「大人になったときに困らない生きていく力の向上」だと考えています。

保護者さん宛ての教室ノートより(一部抜粋):

「挫折を経験」できることが、そろばんの良いところの一つです。お子さんの成長過程のどこかで、かならず挫折を経験されます。ダメな時もある、上手くいかない時もある、その時に、自身でどう立ち直れるかの、精神的なタフさを鍛えておく事はとても大切です。

スキーにたとえますが、スキーは最初に習うのは滑り方ではなくてこけ方です。
こけ方を習っていれば、骨折などの大きなけがにはなりにくいですし、周りの人まで巻き込むようなことも避けられます。失敗する事を想定しています。

そろばんは、検定試験が数多くあり、失敗する機会がたくさんあります。どうせなら受かってほしい、と私も心から思いますが、でも検定で落ちたら落ちたで、「落ちた」だけで終わらずにぜひ、落ちたから次どうするのか、につなげてほしいと思っています。

何回も、何回も挑戦して、やっと受かった時のお子さんの笑顔はとても眩しいです。

通塾バッグプレゼント

只今入会された方には全員に通塾バッグをプレゼントいたします。

さくら珠算教室作成のオリジナルアプリの紹介

icon (2)
さくら珠算教室は、デジタル教材を積極的に活用しています。フラッシュ暗算用のPCを各教室に5台設置。また、タブレット(10インチ、7インチ)も各教室に10台前後用意しています。独自に開発したタブレットアプリを使って、つまづきやすい導入時の成長を手助けしています。そろばん自体は、アナログなものですが、デジタルならではのメリットは最大限に活かすようにしています。